Hatena::Groupastrobot

Old World monkey

Old World monkey

オナガザル科

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/16/Semnopithecus_hypoleucos.JPG/220px-Semnopithecus_hypoleucos.JPG

オナガザル科 (Cercopithecidae) は生物の分類で、サル目(霊長目)に属する1科である。アジア南部およびアフリカ(旧世界)に分布しており、旧世界ザルとも呼ばれる。日本語のサルのイメージに近いサルである。「尾長猿(おながざる)」の名のとおり、長い尾をもつことが特徴であるが、バーバリーマカクやニホンザルのように、二次的に尻尾を失ったものもある。また、広鼻下目に属するサル(新世界ザル)のように、5番目の手足として尾で体重を支えることなどはできない。日本国内に生息するニホンザルは下北半島を北限としているが、これはヒトを除いた全世界の霊長類の中で、最も高緯度に生息している例である。

The Old World monkeys or Cercopithecidae are a group of primates.

The Old World monkeys are native to Africa and Asia today, inhabiting a range of environments from tropical rain forest to savanna, shrubland and mountainous terrain, and are also known from Europe in the fossil record.

However, a (possibly introduced) free-roaming group of monkeys still survives in Gibraltar (Europe) to this day.

Old World monkeys include many of the most familiar species of non-human primates such as baboons and macaques.