Hatena::Groupastrobot

Japanese macaque

Japanese macaque

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/c1/Macaca_fuscata_fuscata1.jpg/220px-Macaca_fuscata_fuscata1.jpg

ニホンザル(Macaca fuscata)は、哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科マカク属に分類されるサル。

常緑広葉樹林や落葉広葉樹林に生息する。昼行性だが、積雪地帯では吹雪の時は日中でも活動しない。群れは1-80平方キロメートルの行動圏内で生活する。行動圏は常緑広葉樹林では狭く(1頭あたり1.4-6.4ヘクタール)、落葉広葉樹林内では広くなる(1頭あたり9-79ヘクタール)。複数の異性が含まれる十数頭から100頭以上の群れ(亜種ヤクシマザルはほぼ50頭以下)を形成して生活する。群れは母系集団でオスは生後3-8年で産まれた群れから独立し、近くにある別の群れに入ったり遠距離移動を行うと推定されている。他の群れとの関係は地域変異があると推定されており例として屋久島の個体群は群れの間で優劣関係があり群れが遭遇すると争うが、白山の個体群は群れ同士が避けあい時に混ざることもあるという報告例がある。

食性は植物食傾向の強い雑食で、主に果実を食べるが、植物の葉、芽、草、花、種子、キノコ、昆虫なども食べる。亜種ヤクシマザルはカエルやトカゲも、下北半島の個体群は食物が少ない時期に樹皮、海藻、貝類なども食べる。春季は花や若葉、夏季は漿果、春季から冬季にかけては果実や種子を食べる。

繁殖形態は胎生。主に秋季から冬季にかけて交尾を行い、妊娠期間は161-186日。春季から夏季に1回に1頭(まれに2頭)の幼獣を2-3年に1回産む。授乳期間は11-18か月。メスは生後5-7年で性成熟する。野生下での寿命は主に25年以下(幼獣の死亡率が高い)だが、餌付けされた個体群では30年以上の生存が推定されている個体や生後26年で出産した例もある。

The Japanese macaque, also known as the snow monkey, is a terrestrial Old World monkey species native to Japan, although an introduced free-ranging population has been living near Laredo, Texas since 1972.

It is the most northern-living as well as the most polar-living primate other than humans. In Japan, it was historically known as saru ("monkey").

Nihonzaru (Nihon "Japan" + saru) is used in modern times to distinguish from other primates. Individuals have brown-gray fur, a red face, and a short tail. There are two subspecies of this macaque