Hatena::Groupastrobot

Gorilla

Gorilla

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/50/Male_gorilla_in_SF_zoo.jpg/220px-Male_gorilla_in_SF_zoo.jpg

  • polygyny
  • age-granded hierarchy

ゴリラは、動物界脊索動物門哺乳綱サル目(霊長目)ヒト科ゴリラ属(Gorilla)に分類される構成種の総称。

アンゴラ(カビンダ)、ウガンダ、ガボン、カメルーン南部、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国東部、赤道ギニア、中央アフリカ共和国南部、ナイジェリア東部、ルワンダ

体長オス170-180センチメートル、メス150-160センチメートル。体重オス150-180キログラム、メス80-100キログラム。毛衣は黒や暗灰褐色。

出産直後の幼獣は体重1.8キログラム。オスは生後13年で背の体毛が鞍状に白くなり(シルバーバック)、生後18年で後頭部が突出する。

多湿林に生息する。地表棲。昼行性で、夜間になると地表に日ごとに違う寝床を作り休む。10-50平方キロメートルの行動圏内で生活し、1日あたり0.5-2キロメートルを移動する。1頭のオスと複数頭のメスからなる約10頭の群れを形成する。

食性は植物食傾向の強い雑食で、果実、植物の葉、昆虫などを食べる。亜種マウンテンゴリラ(季節によっては果実なども食べる)や乾季に食物が少なくなると植物の葉、芽、樹皮、根などの繊維質植物を食べる。

繁殖形態は胎生。妊娠期間は平均256日。出産間隔は3-4年。寿命は40-50年で、53年の飼育記録がある[2]。

基本的には四足歩行で、握り拳で地面を突くナックルウォーキングと呼ばれる歩き方をする。

発見以来長年に渡って凶暴な動物であると誤解されてきたが、[脚注 1]研究が進むと、交尾の時期を除けば実は温和で繊細な性質を持っていることが明らかになった。海外の動物園のゴリラの檻に誤って小さな子供が落ちた際、泣き叫ぶ子供の側でメスのゴリラが他のオスのゴリラを近づけないように見守る姿がテレビで紹介されたこともある。自分から攻撃を仕掛けることはほとんど無いとされ、人間の姿を見て興奮した群れのオスゴリラをシルバーバックが諌めるという行動も確認されている[脚注 2]。群れの間では多様な音声を用いたコミュニケーションを行い、餌を食べる時などに鼻歌のような声を出しているのが確認されている。

ゴリラは警戒心が強く、神経性の下痢にかかりやすい、心臓の負担から死にいたるなど、ストレスに非常に弱いことも明らかになっている。とくに交尾の時期には、オスがメスを殺すことがあり、動物園での繁殖には細心の注意が必要とされる。[脚注 3]

マウンテンゴリラでは息子が成長しても群れに残って複雄群となることもある。群れ同士は敵対的だが、なわばりを持たずにお互い避け合うことが知られている。交尾は一年を通じておこなわれ、発情期による「交尾の季節」は存在しない。ゴリラのメスには、チンパンジーに見られるような性皮の腫脹がないため、外見では発情しているかどうかわからない。外敵を威嚇する際には、二足で立ち上がって両手で胸をたたき、ポコポコポコと高く響く音を立てるドラミングと呼ばれる行動[脚注 4]をとる。落ちている枝を折って見せるのも威嚇の一種だと考えられている。

自然界での脅威は人間による密猟や環境破壊の他、分布域が重なるヒョウに捕食されることも確認されている。[脚注 5]。ガギスバーグは、ゴリラを襲おうとしたヒョウが逆に殺されたという現地人による観察例を報告しているが、ゴリラの研究者として有名なシャラーは、シルバーバック1例を含む(その他は全て雌と子供)ゴリラがヒョウに捕食された実例を報告している。動物学者の小原秀雄は、ゴリラを含む類人猿は知能が高いので恐怖や痛みに極めて敏感であり、ヒョウなどの捕食動物には不得手であると述べている

Gorillas are the largest extant species of primates. They are ground-dwelling, predominantly herbivorous apes that inhabit the forests of central Africa. Gorillas are divided into two species and either four or five subspecies. The DNA of gorillas is highly similar to that of a human, from 95–99% depending on what is counted,[2] and they are the next closest living relatives to humans after the two chimpanzee species.

Gorillas' natural habitats cover tropical or subtropical forests in Africa. Although their range covers a small percentage of Africa, gorillas cover a wide range of elevations. The mountain gorilla inhabits the Albertine Rift montane cloud forests of the Virunga Volcanoes, ranging in altitude from 2,200–4,300 metres (7,200–14,100 ft). Lowland Gorillas live in dense forests and lowland swamps and marshes as low as sea level, with western lowland gorillas living in Central West African countries and eastern lowland gorillas living in the Democratic Republic of the Congo near its border with Rwanda.[3]

* はてなダイアリーキーワード:Gorilla